KAD-NETの理念とロゴについて
全体構想概念図

上図は、1997年1月に門真市医師会より提案された、門真市の地域保健医療福祉情報システム全体構想の概念図です。保健・福祉・医療と、大きく3つに分かれたサービス提供側と、市民との関係を表現しています。

保健・福祉・医療のそれぞれの円をとりまく矢印は、それぞれの機関の中での情報の活用を示し、円を結ぶ線、すなわち、全体を三角形にみたてた場合に辺に当たる部分の矢印は機関間相互に情報が流れ共有されている様を示します。中央の市民に向かっての矢印は、各種のサービス提供を表し、この中には、もちろん情報提供も含まれます。市民からの情報のフィードバックの流れももちろんあります。

サービス提供側の3つには、赤・青・緑の光の三原色の1つずつを配し、それぞれの色が合わさって市民のところで白色光になることに、サービスが過不足やかたよりなく行われている様子を象徴させています。

この全体構想の中で、一般公開情報を広く扱うのがKAD−NETです(下図)。

KAD-NET
トップページへ戻る